昨日の晩飯は板チョコ一枚でした。だらだらとお絵描きとかしてます。
更新が;;
更新が暫く飛んでしまいました。。
紅楼夢以後ちょっと色々と忙しかったもので、申し訳ないです・・・

ドタバタの間ブログがちょっとお留守になっていたのですが、紅楼夢でお隣同士で色々当日お世話になった神音天さんや、アフター飲み会でご一緒させて頂いた水乃さんの日記からリンクを貼って頂いていてもうびっくりですよ!あわわわわ・・・。ありがとうございます(*´д`*)




というわけで改めまして、11月2日の京都の東方紅楼夢に参加された方々&15日のまきまき8に参加された方々、お疲れさまでした!
そしてスペースに来て頂いた方々、ありがとうございました~。


紅楼夢の方は新刊出せたのですが、まきまきの方は薄いペーパーだけになってしまい申し訳ないです。。

あ、紅楼夢の新刊の余りは冬コミでも頒布予定ですよー。
そして冬の新刊も現在絶賛下描き中。間に合え・・・!







話が急に変わりますが、先日の日曜日は高尾山に行っておりました。
ええ、東京都の小学生が遠足で一度は登る山らしいあの高尾山に。



まぁそもそもの動機が酷いものでして、先日大学で友人が



友「なぁお前さ、こんどの日曜高尾山行かねぇ?」

虻「Huh?俺原稿で忙しいんだけど」

友「でもほら、お前の好きな烏天狗いるよ(るるぶ見せながら)」

虻「行きます」



はいはいわろすわろす。



keiou6000.jpg



というわけでいざ高尾山へ。

駅の売店でお菓子とか買って、いざ山へ!












ame.jpg



・・・・・・。

うん、まぁ、アレだ。降水確率50%の日に高尾山に登ろうとする奴が悪い。


それでも気を取り直して売店で折り畳み傘を買って(525円もしたよ!死ぬ!)ケーブルカーの乗り場へ。

ゴットンゴットンとケーブルカーに揺られて僅か6分で山の上です。

ケーブルカーを下りたところに見晴らし台的なものがありまして、そこから関東平野が一望できるそうなのですが



理想


risou.jpg



すげぇ!東京の高層ビルが見える!
あのへんが新宿、で向こうは池袋であっちが渋谷ですよね!ひょっとしてあそこに見えてるのはビッグサイト?

紅葉も真っ赤に染まって蒼空とのコントラストが最高ですね!






現実


IMG_2841.jpg



ほわいと☆あうと

・・・何も見えねぇってレベルじゃねぇ^^





とまぁそんなこんなで霧の山中を歩きます。雨はもう止んでいました。
途中にこんな像を見つけてちょっとときめいたりもしつつ。


IMG_2854.jpg



山の天狗様はとってもワイルドでダンディですb
手前が大天狗、奥が烏天狗だそうで。高尾山にはもともと烏天狗が住んでいたそうです。


歩くこと1時間、ようやく標高600メートルほどの山頂に着きました。
かけうどん一杯が600円なのは流石は山の上クオリティです。

ここでも先ほどのように理想と現実の交錯が物凄い勢いで我々を絶望させたのは言うまでもありません。まぁ、紅葉は奇麗に色づいてましたけどね。

そして普通の方はここまで来たら折り返すのが普通らしいのですが、私たちは普通じゃないことに定評があるらしいのでこのまま山頂から違うルートで下山することに。


で進んで行くわけなのですがだんだん霧は濃くなるわ道は意外と険しいわ、すれ違う人たちは結構ガチなトレッキング仕様だわで、ジーンズにスニーカー&ジャケット羽織っただけの私たちは完全に浮いてます。山なめんなってガチで怒られそうです。。

だって言いだしっぺの子がこっち行こうぜって云ったんですもん(丸投げ


最初は小仏峠まで抜けてそこからバスに乗るルートだったそうなのですが、いろいろあって気がついたら午後3時の相模湖畔に降り立っていました。
途中、ここ落ちたら助からねぇよなーな感じバリバリの尾根の上なんかを歩いたり、昼とは思えない暗さの杉林の中を歩いたり、視界数十メートルしかない森の中の急斜面の階段をそろそろと下りたりしつつ。
二名ほどぬかるみで滑って残念なことになった子がいた様な気がしますが気のせいだと思います。


てかここ既に東京都じゃないですよね神奈川県ですよね。歩いて県境越えちゃったよいやっほぃ。

それにしても何なのでしょうかこの生きて還ったぞー感と言葉にできない達成感は。高尾山、下りたどー!

道路沿いにあったセブンイレブンがあれほど神々しく見えたのは初めてかもしれない。下山してから更に国道沿いをひたひた歩くこと45分、日が暮れかかった頃にようやく相模湖駅に到着。




で帰って皆で鍋囲んでgdgdになって終了。
色々ありましたが、それでもまぁいいリフレッシュになって良かったですw
スポンサーサイト
Posted by 虻
comment:0   trackback:0
[東方

thema:東方プロジェクト - genre:ゲーム


comment
comment posting














 

trackback URL
http://abu207.blog43.fc2.com/tb.php/17-60a9f1c2
trackback