昨日の晩飯は板チョコ一枚でした。だらだらとお絵描きとかしてます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 虻
 
[スポンサー広告
例大祭お疲れさまでしたー!!
えー、遅くなりましたが。。
例大祭に参加された皆様、お疲れさまでした!

お陰さまで、あんな出来ではありましたが新刊はほぼ完売しまして…。 来ていただいた方々に感謝です!

例大祭乙でした!

あ、ちなみにウチのサークルは段ボール一箱がやっとですからね。
こんなに箱要りませんからね。ええええ。

てかそれにしてもねこしっぽさんの広告のパクリ臭がするぞおい。
あと適当な塗りで本当すみませんでした!氏にます!





というわけで、今日の日記は例大祭のレポなので長文です。
読む覚悟があるという方は続きからどうぞー。

まぁレポじゃなくても私の日記は長さと中身のなさで読む気が無くなることに定評があるようですががががが







――時は3月7日午後6時、場所は京都駅近くのラーメン屋。
脇に紙袋とゴロゴロカートの大荷物を置き、黙々と800円の特製大盛ラーメンを啜る男が一人。

男は悩んでいた。

手に持っている携帯の電池残量が早くも半分になっていることに。
この携帯であと2日間を戦い抜かねばならないことに。


いやまぁ駅前にあったドコモショップに飛び込んで全て解決したんですけどね。
そしてその充電の待ち時間、8月31日に未消化の宿題を解く小学生の如く怒涛の勢いでスタートするお品書き用の色紙描きの作業。
この真っ白な色紙を売り子のグラタソとの待ち合わせ時間までに埋めないと、会場のディスプレイがかなり悲しいことになります。即ち死亡フラグです。

充電が終わると店を出て、とりあえず駅前の適当なカフェに飛び込んで、コーヒー片手にやっぱりガリガリ色紙描き。シャーペンをハイテックに、そして色鉛筆に持ち替えてガリガリガリガリ。
世界的観光地の玄関口にあるカフェで、黙々と女の子がデカデカ描かれた色紙を仕上げる男が一人。誰か速急にこいつ始末するべき。


お陰で8時半ごろにはほぼ完成。遅筆なので、あのサイズの色紙を描くだけでもこんなに時間がかかってしまう辺り非効率にも程がある。
でもそれなりに可愛いのが描けた(気がした)ので割と個人的には満足でした。

そして店を出るや否や、爆音立てるカートを牽いて駅のホームへ猛ダッシュ。
凄まじい勢いでお土産を買ってグラタソと合流し、やがてやってきた新快速に乗り込みます。いよいよ東上開始。
列車はまだ肌寒い湖東の夜をフルスピードで突っ切り、東を目指します。カタログ片手にヒィヒィ云ってるグラタソと私と、冷めた目線を彼らに送るその他大勢の通勤客を乗せて。


米原で列車を一度乗り換え、やって来たのは岐阜県は大垣駅。

東京行きの夜行列車、ムーンライトながらの始発駅となるここ大垣。
コミケの前日などは明らかに同業者と思われる方々で大いなる賑わいを見せるのですが、流石にワンジャンルのオンリーイベント程度ではそんなことには……

………なってた。

・先頭付近で「星蓮船並ぶのは無理だろw」とか話すスーツケース二人組
・そのスーツケースの中身は案の定段ボール
・そして明らかにカタログを見ている乗客たち
・改札周辺で怪しげな決起集会を行う若者集団


…ゴメンナサイ、ワタシ例大祭ナメテマーシター。



やがて同じ列車で帝都入りするPresence∝fTVAのちくちゅーさんと合流し、暫し歓談。
この十数時間後にビッグサイトの、しかもお誕生日席で売られるCDのジャケの柄を知らせて頂いて愕然としたのは云うまでもありません。なwんwでwwすwとwww

ああああ申し訳なくてなんかもう涙も出ないですよママンorz


そんなことをやってるうちにいつしか発車の刻は迫り、やがてホームに進入してくる4灯のヘッドライトは今宵のお宿。列車はホームに横たわった車体に多くの荷物と乗客を吸い込むと、やがてゆっくりと大垣のホームを離れていきます。

ちくちゅーさんは1号車で私は3号車なのですが、途中の金山から乗ってこられたDenkoさんも交えて、気付けば豊橋あたりまでお話してましたw


流石に夜も更けてきたので、そろそろ車内もお休みモード。
私は浜松を過ぎたあたりで何とか気を失うことができました。ここで寝ておかないと翌日が大変なことになります。体力的に。

切符「ムーンライトナガラ」

大量のサークルと一般参加者を乗せ、眠らない列車は闇を突っ切り東方の地へ。





目が覚めたのは横浜辺り。よしとりあえず3時間は寝た。
併走する京浜東北線へ目をやると、その車内にもやっぱり明らかに例大祭行きと思しき集団がちらほら。。どんだけ凄いイベントなんだ。。

東京の駅前は案外時間を潰せるところが何もないので、アキバの松屋で時間調整。
そしてここでも隣の集団さんがパチュリーパチュリーと盛んに言ってらっしゃる。一体どうなってるんだこの街は。


再び東京駅に戻り、京葉線経由で新木場から国際展示場駅入り。
駅前は既にコミケさながらの盛況でしたがもうそろそろ何があっても大丈夫な感じには耐性がついてきました。

そして木無血さんの東方バスを見たかったのですが…タイミングが合わなかったようで見れませんでした。無念。。。




駅を出てすぐ、正面に見えてくるのは天空に聳え立つ逆三角形。
あの怒涛の冬コミから早3ヶ月。おお聖殿よ、ビッグサイトよ、俺は帰ってきた!


荷物を率いて場内へ突進。
サークル入場開始まではあと数分あったので列が形成されてはいましたが、時間になったあとはすぐスムーズに中に入ることができました。

東ホールの入り口をくぐった先、そこはもう博麗神社の境内でございます。

自スペースに辿り着き、速攻で設営を開始。
今回はグラタソをして「慣れたなw」と言わしめるペースで、史上最短記録での設営でした。そりゃ半年で三回もイベント出てりゃ慣れますw


でもってさぁ挨拶回りだー!といきたいところだったのですが、時間早すぎてマイミクさんまだほとんど来られてねぇー!&来てらっしゃっても設営真っ最中で蝶忙しそう!

…そんなわけで、まずはCRIEのすきまさんと円高kskのヤマモトさんのところに特攻したあと自スペースで暫く待機してました。ヤマモトさんとは初対面なのにあんなはっちゃけちゃっててまるきゅーな子で本当すみません。氏にます。あと60年位経ってから。



で、更にゆっくりしすぎてると何とあのgarnetさんががががが。。
わざわざお越しいただき申し訳ない&歪みねぇ新刊をありがとうございました!


そろそろ大丈夫っぽいなぁ、ということでこうなごさんの使い魔としてびぶらとの竜さんのところにお邪魔。実は前から凄く気になってた方だったので、こちらもお会いできて話せて嬉しかったですw

続いてサボテン工房の撫子さんのところへ。しまった、後でホチキス持って製本手伝いに行く予定だったのに行けなかった!くやしい!

そのあと島間飛行をしているとたまたま忠之介さんの背中を前方左30度に発見したので、後方から不意討ちさせて頂くw
どうでもいいですがこの頃私は新刊と京都土産のキャラメルプリンクッキーを両手で抱えて歩き回ってて、京都物産展状態になっていたのはここだけの話でいい。楽しかったですけど。

そしてぐぐっと東5,6の奥方面へ遠征してきつねこのかれんさんのところに。ですが絶賛修羅場ランバ中のご様子だったので後で伺うことにして一時ターン…したその先にはまさに神主様の本殿があったのでした。ちょ、あのあそこで帽子かぶってるのってご本人やん…!!

メデューサの髪の毛見た人間は石になるとか云いますが割とそんな感じでした。というか何かの間違いじゃないのだろうかあのおぞましい量の段ボールは。


続きましてSou Soulの草人さんのところに。表紙がなんかもう凄く可愛くて思わずドキっとしたんですがどうすればいいんでしょうか僕は。

推定総歩行距離1km近い遠征からいったんスペースに帰ってきて、すぐご近所の犬ン神の神音天さんのところへ~。
気が付いたらウチの本は表紙以外文椛じゃなくなってて、ちょっくらのの字弾幕食らって死にたい気分になりながら伺ったのですが優しく応対して頂いて…!
更に何と思いがけず文椛合同までフラゲさせて頂いて、私はなんかもうこれだけで一晩かけて大阪から飛んできた甲斐がありました。。

そして実は神音さんだけでなく、ぬるまゆ緑茶の両義和夜さんのところも私のスペースから目視で見える勢いの近さだったり。この広い広いビッグサイトで何という偶然。


さて設営のお済みになった両隣の方とも無事新刊を交換しまして、やがて10を指す時計の針。
広い館内に響き渡るアナウンスと怒涛のような拍手。さぁ、祭の始まりだぜ…!

そして前回の日記で書き忘れていたのですが、ちょうど私が留守の間に何と上海アリス幻樂団本家の方が星蓮船体験版を置きに来て頂いていたのでした。うはぁ、こ、これは…すげぇプレゼントだぜ…!


というわけで10時。いよいよ例大祭の始まりです。
いつも通りと言えばいつも通りなのですが、この最初の2~30分ほどの間はウチのサークルに来られる方なんてほとんど居られません。大いに正しいと思います。
いつもこの瞬間スペースに居る度に「あーくそっ、あのサークルさんのとこ並んどきゃよかった…」とか思ってないですよ?思ってないですからね?



そんなことしてるうちに突如、鵜如が出現。
ペナルティのお陰でとんでもない速さで星蓮船体験版が買えたらしくえらいホクホク顔。なるほどその発想はなかったぜ。

…というかペナルティあったんですね。朝5時のながらから始発京葉線を目指して走っていたあの方々の運命やいかに。。



それでも30分頃から徐々に一般の方々も増え…

増え…いや、あれ…?  増え、すぎ…じゃね?


何が起こってるのかよく分かりませんが、未だかつて体験したことのない勢いで消えていく新刊。
私のおぼろげな記憶では、午前中だけで新刊搬入数の半分以上がなくなっていました。どうなってるというの…。まだ12時にもなってないんですけど。。

既刊は紙袋での手搬入だったので持ち込み数自体かなり少なかったのですが、持ち込んだ分は昼の1時頃でほぼ完売という異常事態。れいたいさい こわい。

とりあえず、中身見てから「新刊既刊全部ください」って言ってくれる方に思わず抱きつきたくなるのは私だけじゃないと思うんですよきっと。
そんな方があろうことか2、3人続いたりとかするとですね。もうね。このままここで死んでいいんじゃないかなとか思います。
ああでも冷静に考えたらそれスタッフさんにすんごい迷惑ですね申し訳ない。


そして差し入れを持ってきてくれたすの人ありがとう。
あとでスタッフが美味しく頂きました。感謝!瀟洒!十六夜!

ハバネロケーキなどというとんでもないものを作って来てくれたこらたさんどうもでした。今回は一緒に飲みに行けなくて残念でしたが、また是非!
ハバネロケーキはあとでスタッフがおいしk…頂きました。…アーモンドチョコ万歳!


更に、今回は一般での参加だったるてぃさんや、先生と(!)ご一緒に来られたという(Cherry*Blossomのkokoさんにもお越し頂き…。
売り子もサークル主もしっかりと野郎ばかりだったスペースが華やぎました!w ありがとうございました~。


そしてまさかのぶーちゃん降臨。いやまさか。
ちょっと予想はしてましたけど予想外でした。すみませんぶっちゃけいつもそちらの絵見て上手さにパルパルしてたんですがw

sandさんとも紅楼夢ぶりにお会いできました。こうやって見てるとぽけぱ組が意外に多いという新事実w


山内県さんはご宣言どおり橙コスでのご登場。缶バッヂの他にも色々とんでもないものを頂いてしまい…!ありがとうございます、あと数週間でしっかり使わせて頂きますw
さてこの缶バッヂ、どこに付けさせて貰いましょうかしら。。


あとマイミクではないのですが去年の夏コミ待機列で知り合ったNくん、今回は書き手の方でも参加してるらしい…んですが、しっかり完売だった件。なんてこった。。

完売と言えば、神奈子様合同が11時の時点で売り切れって一体全体どうなってるんでしょうかね!マイミクさんが3人も描かれてるので、それはもう凄い勢いで気になってたんですけど。。



というわけで一般参加の方でも(漏れが無いか激しく心配なのですが…。。)大勢のマイミクさんに来て頂き、皆様本当にありがとうございました~。わざわざあんなスペースまで足を運んでいただけただけでも嬉しい限りです。。


どうやら皆様そろそろお疲れの時刻らしく、新刊在庫もかなり少なくなってきた1時半頃からぱったりと売れ行きが鈍って、スケブも一段落してまったりしてきたのでちょっとお散歩とか買い物とか。

といってもこの時間だと完売してらっしゃるサークルもかなり多かったんですけどね…。まぁ、ウチのサークルですらあの状態だったわけだし…なぁ。例大祭パワー恐るべし。。


スケブと言えば、今回頼んで頂いたのはやたら椛が多かった件。
いつも大抵は文ちゃんなんですけどね。まぁどっちの子でも可愛いからいいですけど!w
リバOKでしかもDDとか本当節操無くてすみません。何の話だ。

そう云えば、今回はスケブにペン入れをするよう努力してみました。
といっても筆ペンでガガッと入れるだけですが。ロークオリティとも云う。


そうこうしてるうちに気付けば時計は3時を過ぎ、場内はゆったりした空気に包まれ。
やがて3時半、龍道さんによるイベント終了のアナウンス。三本締めで〆るのは凄く気持ちよくていいなこれー…と思ったのですが、島ごとにタイミングバラバラで不覚にも笑ってしまいましたw


終了間際に駆け込みで数冊買って頂いたりで、結果として手元に残った新刊は数冊。
前回に引き続き、今回の新刊も会場分はまさかの事実上完売ということになりました。夢でも見てるんじゃないかしら。



荷物は設営道具や頂き物、買い物が殆どだったのでこれなら宅急便頼まなくてもいいかなぁ…と思ったので、今回は段ボール箱を自力持ち帰り。なぁに、大阪までこれを持って帰るくらいはどうってこと…あったわけですがそれはさておき。

撤収してテーブルやイスを片付け、撫子さんと合流。連絡の手際が悪かったのは申し訳ないです;


宅配列に並ばれてるすきまさん達を待つ間、しばらく休憩タイム。
そして撫子さんにセブンスドラゴンを布教されるw ええ、確かに興味は凄くあるのですよ…!最近あまりRPG系のゲームやれてないですし…!


それにしても、次々と机やイスが消えてガラーンとしていくビッグサイト館内を見てると「終わったんだなー」って実感が徐々に湧いてきます。毎度のことながら、この光景は何ともいえない寂しい気分になりますね。。

やがて一緒に飲みに行く皆さんと合流。
今やすっかりがらんどうの空間となってしまった東ホール、境内を去ります。

ビッグサイトを出たあと、逆三角形の聖殿を背にして、カート集団が三々五々ゴロゴロと駅へ向かって散っていくいつもの光景。何なんでしょうねこの、まさに祭りが終わったあとのような感じ…。。


さてそんな気分は一旦リセットしまして。

りんかい線から直通の快速で新宿へ直接乗りつけ、居酒屋へ。
さぁ、ここから先は酒池肉林の楽しい楽しい打ち上げでございます。

…といってもこの手の居酒屋の常として、食べるものってそんなに多くないんですよねー!w

まぁそんなわけでとりあえず色々飲んでました。でも正直ちょい飲み足りなかった気がしないでもない。
いやむしろ、リミット越えて暴走する量まで行かなかっただけ良かったのか。。

まぁそれでも何だかんだでアホなことしてましたけどね!
具体的にはその、荒ぶってたりとか荒ぶってたりとか荒ぶってたりとか!


あらぶった

ついカッとなった。



お陰さまでそれ以降私は「荒ぶる虻」などというありがたい称号を頂くことになりました。もうどうにでもしてください。格好良さげなのでもういっそこの際鷹さんでもいいです。

同じテーブルで向かいに居られたのがESさん、やはり早速お倒れになられたすきまさんを挟んだお隣がらいうさん、斜め前でグラタソとESさんの間におられたのがおのまるさん(だったはずw)。

そしておもむろに起きてこられたすきまさんによって華麗に操作された私の携帯からは、何時の間にかおのまるさんにとんでもないメッセージと共にマイミク申請が送られていたのでした。なんてこった…!あの節はお世話になりましたw

そういえば美乳談義でESさんと変に盛り上がったり、物凄いクオリティのチルノスケブの末筆に描かせて頂いてたような気もします。ありがとうございました;


とにかく色々事件やら異物混入やら爆発やらあって楽しい飲み会でしたが、時間も来たので残念ながらこのあたりでお開き。チロルチョコ入りのレモンサワーは美味しかった。たぶん。


気が付けば周りは色々大変なことになってたりで、せっかくお呼びしたのに撫子さんには十分ご挨拶もできずお別れすることとなってしまい…いや申し訳ない限りです;
また是非、機会がありましたらゆっくりと!


そのあと近くのラーメン屋に移動して、先程のテーブルのメンバーでラーメンをズルズル。うむ、美味い。

新宿駅でグラタソとおのまるさん、ESさんとお別れして私とらいうさんとすきまさんは山手線で移動。

そして向かうは、何とすきまさんの家w
すみません、何だか急にお邪魔してしまって;

すきまハウスに着いてからは暫くこたつに篭りながら読書会でした。らいうさんと妙に(ジョジョ+ドラゴンボール+その他)/3な感じの同人誌で盛り上がったりw
それにしてもマジであの咲夜さんは男前すぎると思う。異論は認めない。

やがて相方のこうなごさんから電話があり、何とイベントに出れなかったのでタクシーでこちらに向かってるとのことw

こりゃすげぇことになったぞーと思いながら近くまで来た頃に迎えに行って、暫くして合流成功。そしてすきまハウスに再度帰還したとき、そこにあったのは、イベント後の戦士達の疲れ果てた寝顔だったのでした…w

その後暫くは私もまだいろいろ話したりする余裕があったのですが、やっぱり疲れ果てた体には缶コーヒーレベルのカフェインなんかちっとも効きませんでした。こうなごさんごめんなさい。。
そんなわけで私もその場で倒れてしまい、気付けば朝の7時…。。


爆睡するすきまさん方を起こすのもアレかなぁと思ったのですが、ご挨拶無しで出るのはもっとアレな気がしたので、一応ひと声おかけしてからバスの時間に合わせて出発。皆様、本当にお疲れさまでしたっ…!



最寄りの駅から地下鉄に乗り、こうなごさんとお別れして私は泉岳寺で京急に乗り換えて横浜へ。あとは横浜から京都まで、高速バスで7時間半の行程を残すのみです。


バスに荷物を積む時、運転手さんに「これ何入ってるん?」と聞かれて素で返答に困ったのは秘密だ。ええまぁ本ですよ本。


隣の席がラノベ読んでるのに対抗して最初はちょっと絵とか描いてみたりしてたのですが、眠気と揺れには勝てるはずもなく、町田を出たあたりであっさり死亡しました。
次に気が付いたのは足柄停車中。その次は浜名湖の手前。


そしてその次に目が覚めたときバスは何と京都のすぐ手前、大津付近を走行中とか酷いにも程がある。
どんだけ寝てんすか俺。昼のバスなのに夜行バス以上にがっつり寝てるぞwww


深草のバス停でバスを降り、走り去るバスをお見送り。
気だるさを感じつつも歩き出し、5分くらいのところにある藤森駅から電車に乗り込みます。

紅楼夢の時もコミケの帰りも大荷物を抱えて乗った地元の京阪電車は、やっぱり今日もいつも通りに私を出迎えてくれたのでした。
スポンサーサイト
Posted by 虻
comment:0   trackback:0
[東方

thema:東方プロジェクト - genre:ゲーム


comment
comment posting














 

trackback URL
http://abu207.blog43.fc2.com/tb.php/34-08edb68e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。