昨日の晩飯は板チョコ一枚でした。だらだらとお絵描きとかしてます。
御射宮司祭にいってきた
最近土日が忙しすぎて困る。

というわけでこの間の日曜日は東京を脱出して走ること200km。
長野は諏訪地方、ララ岡谷で開かれた風神録オンリーイベントの御射宮司祭に行ってまいりました!

もともと行けないだろうなーと思っていたのでサークル申込もしていなかったのですが、不意にひろいそらの鷲宮ひろさんから車に乗せて頂けるというお誘いがあったのでお言葉に甘えてしまったのでした。


以下「続きを読む」でレポ。長いです。

前夜は色紙のペン入れやら色塗りやら何やらで、結局日付が変わってもガリガリと作業。
結局こんなのができました。

色紙

つまりは本も何も持っていかないのも癪だから色紙くらい描いちゃおうぜという魂胆でございます。それもサークル名を勝手に借りちゃって!この外道が!

無駄にごちゃごちゃしてる上に修正とか入りまくりでどう見ても人様に見せられるレベルではない。だがしかし持っていく。



同乗者をAM1時前に家に召喚して、すぐ寝るつもりが何だかんだで遅くなってしまい結局睡眠時間は推定約2時間。うん、典型的なイベント前のパターンですね!


何とか4時半に目を覚まして5時前に家を出発し、最寄の京王線某駅で鷲宮ひろさんの車(ていうか R32スカイライン!)に拾ってもらい、まだ夜の明けない中央道をぶっ飛ばすこと数十分。
談合坂SAで抑止の風さんの二人が乗る車と合流し、二台で長野を目指します。

アップダウンの激しい中央道を激走して、諏訪インターを下りたのはまだ6時台という恐ろしさ。電車じゃ間違いなくこれは無理だ。
スポーツカー初体験の私は加速の凄さやらエンジン音やらに始終騒ぎまくりでございました。実家のCUBEとかレンタカーくらいしか運転したことない私には未知の世界すぎた。


そしてこんな早い時間に来た理由は一つしかなくて、当然諏訪大社に行くためなわけでして。
本宮・前宮・秋宮・春宮の順番に回っていきました。


一か所目の本宮に着いて鳥居に向かう道を歩いていたら、いきなり目に入ってきたのは椛仕様というか文椛仕様の痛車。
なんかもうズコー!って音が聞こえるくらい凄まじい出オチを見た。気がした。

ていうかこの椛車、紅楼夢のときインテ近くの駐車場でうちのレンタカーの後ろに停まってた車なんですけどね!遭遇率たけぇ!


まだ朝の7時や8時の神社ということで人影はまばら。

オンバシラァ!

リアルオンバシラに興奮したり

前宮の手水場

前宮周辺の鄙びた雰囲気に癒されたり

前宮の紅葉

だいぶ色づいた木々に感動したりしてテンションは上がりっぱなしです。


更に諏訪湖沿いに車を走らせて秋宮に到着!

秋宮本殿


参道を歩いてたところ、向こうから見覚えのある方々が来た…と思ったら、何とおおかみいぬさん桜巡りしろうさん23さん達のご一行。
風神録描き的な意味である種最強な方々とイベント会場に入る前の段階で既に遭遇とか、諏訪 まじ ぱない。


春宮は絶賛工事中でちょっぴり残念になりつつ、一行はいよいよ岡谷駅前へ。
会場の上にある駐車場に車を停めて、サークル入場の時間にはまだちょっと早いのですが会場入り。え、なにここ!広い!

あとでお隣のサークルさんに伺った話では、もともとヨーカドーがあったところが何年か前に潰れてこんな施設になったんだとか。 いやそれあまり笑えない話なんですけど。



あまり役に立てないまま設営に立ち会っていたり、何故かUkiUkiWatchingさんから本とお菓子を頂いてしまって死にそうになったり、ガクブルしながらアフターの景品に出す合作色紙に文を描いてたりしてるうちに徐々に周りのサークルさんも増えてきました。


それにしても周りを見てて思ったのは、なんか本当みんな楽しそうだなーってこと。
例大祭や紅楼夢も勿論そうだったのですが、何というのかしら、都心でやるイベントと違って車やらバスや電車やらでの長距離遠征組が多いせいか、どこ見回してもすごい賑わってるというかテンションが違うというか、要はほんと風神録愛してるな皆!

まぁでも確かに良く考えたら、ホントに好きじゃなきゃ長野まで来ないわけですよねぇ…。直前に拾ってもらえて本当良かった。ていうかこれは売れゆきとかどうでもいいから自サークル引っ提げて参加したかったなー!本当あの空気良すぎですよ!くっそー…やっぱり冬コミはマジで頑張るぞ!

そういう意味でも、風神スキーな方々は来ないと絶対に勿体ないイベントだったと思います…!



そして12時になって開場、押し寄せてくる人の波。
…でも問題にすべきはここが東京から200km以上離れた地方都市だということなのです。いやどう考えてもおかしいだろ…これ長野の、しかもワンジャンルのオンリーイベントってレベルの人数じゃねぇぞ…

近所のローソンでは食糧類が根こそぎごっそり消滅してたり、岡谷の駅では「御射宮司祭にお越しのお客様、お帰りの切符は早めにお求めください」などと最早どこのコミケだよ的な放送もしてたらしく、どうやらこのイベントは地方都市にちょっとした経済効果を与えているようです。なんかすごいところに来てしまった。


そんなこと考えつつぬるまゆ緑茶の両義和夜さんに挨拶したり、あろうことか先程初めてお会いしたばかりの23さんにスケブを頼んでしまったり。
ぶっちゃけ文椛合同本でお見かけして以来のファンだったのです…!あの時の私は緊張してて何喋っていいのか分からなくてどうみてもただの不審者でした。本当にすみませんでした。



さて話は変わりまして、当時の私は前述のように色紙と対峙しておりました。
開場前から描いてたアフターの景品用色紙の上に、更に早苗のリクエストと一緒に色紙を頼まれたりしてもう見事な色紙無双。ねぇ、ペン入れても入れても終わんないんですけど!ふしぎ!

そんなこんなでひろさんのスペースで売り子をしていると、有難いことに私の描いてきたスペースの看板用の色紙を譲ってくれないかという方に、何人も申し出て頂いてしまいまして…!
ですが先約で他の方に譲ることになっていたので、本当に申し訳ないのですがお断りせざるを得ませんでした…スケブや色紙を持ってきて頂いたらいくらでも描かせて頂きますので、こんな奴ので良ければ次の機会にはぜひ…!; ;




そんな色紙無双のさなか、ふとスペースから正面の通路に目を向けると、不意に目の前をどう考えても東方キャラのコスプレなんかとは全く違う、鮮やかな色をした二体のサンドイッチマn…着ぐるみが練り歩いているではありませんか。…ん?ココドウジンシソクバイカイダヨ?

またまたお隣のサークルさんの話では正体はこんなのらしい。


…いや、う~なちゃんて。何だそのくねくねした伸ばし棒は。
まさに( ゚д゚)という顔文字で形容するにふさわしい顔をしていたのは言うまでもありません。
もはや一種の街おこしイベントになってないかこの即売会。



ていうかそんなお隣のサークルさん、話を聞けばまだ高校生だと…若ぇ!
地元の方だったのですが、色々話を聞いてるとその歳でバスやら列車を駆使してインテや都内の女性向けオンリーやらに出られてるとか。

すげぇなぁ最近の若い子は…!と言おうとして、私もよく考えたら初めてのサークル参加は高二の頃の都参貿イベントに夜行バスで遠征だったことを思い出して引き留まりました。
それでも中学の頃からサークル参加は続けてるらしく、うんやっぱり最近の若い子はすごい。うわぁ俺なんかもう歳なんだなぁ…と言おうとしたら丁度お会いしたいなぱさんに怒られました。

そのあと暫くスペースを抜け出させてもらっていなぱさんと喋りつつ会場内を回遊。色々とありがとうございました。あとリアクション激しすぎてすみませんでした。夏コミ以来久々だったもので色々とおかしかったのです。でも抱き枕とか欲しいです。

冬コミでもぜひお会い致しましょうっ!



23さんにお願いしていたスケブを引き取りに伺うと、スケブには素敵な椛を描いて下さっていました…! これはしねる。本当にありがとうございます!


楽しい時が過ぎるのは本当に早いもので、気がつけば15時半の閉会時刻。撤収を済ませて一旦車に重い荷物類を戻した後、イベント名物の色紙争奪スクワット大会を見学することに。その、折角色紙も描いたことですし…行く末くらいはちょっと気になるわけでして…。。

そんな横で色紙争奪スクワット大会が行われ、向こうでは何故かスタッフ公認で酒の試飲大会が行われているカオス空間の中、先程諏訪大社でもお会いした桜巡りしろうさんとおおかみいぬさんが帰られるということだったのでいなぱさんと一緒にご挨拶。何かもう今日は緊張しっぱなしです。


ひろさんと私の描いた色紙はかなり最後の方でようやく出てくれたのですが、大勢の方にスクワットしてもらえて本当に有難かったです。。
何だろう、私のは大してうまく描けた絵じゃないですけど、それでも娘を嫁にやる親の気分がちょっとわかったような気がしますよね!何といいますか!



そんな娘(いや嫁ですけどね!)の行く先を見届けたあとは車に戻り、あとはただすっかり暮れた空の下、東京への帰り道を再び走り出すのみ。

高速に入ってすぐの諏訪湖SAで休憩と食事タイム。
高台にあるこのSAからは諏訪湖が一望できるのですが、さっきまでいた岡谷の町並みの夜景が目の前に横たわっておりまして…それはもう、イベントの〆にふさわしい、息を呑むという形容がふさわしい光景でした。



その後は行きも通った中央道を動画上映大会をしつつひた走り、抑止の風さんの車と途中で分離し、渋滞にはまりつつも何とか21時前には出発地点へ帰還。

最後になりましたが、今日一日行動を共にさせてもらった抑止の風の御二人と運転手のひろさん、本当にお疲れさまでした&ありがとうございました!
スポンサーサイト
Posted by 虻
comment:0   trackback:0
[東方

thema:東方プロジェクト - genre:ゲーム


comment
comment posting














 

trackback URL
http://abu207.blog43.fc2.com/tb.php/45-814c1b7f
trackback